文化となりますように

全身に力が入りながらの応援

勝っても負けても、ノーサイド

清々しい脱力感でいっぱいである

試合が終わると、皆頭の中をリセットし、日常的へ戻る

素晴らしい

前後も含めて一つの試合、文化である

礼を重んじる日本の国技にも通じる 

しかし、ニュースでラグビーの試合でもフーリガンが出始めていると聞く

観戦の楽しみ方も文化である

ラグビー文化、日本人に合うように思う

これから楽しみである

30年ぶりの連携

昔の設計仲間と30年ぶりの連携

近況を相談をすると、訪ねてきてくれた

守備位置が違い連携することがなかなかく

いつの間にか時間が過ぎていた

その間、仕事ぶりは知っていたのだが、縁がなかった

今回の設計集団・チームづくりにおいて、必要性を感じ、連絡

そして、時を超えて連携へ

不思議なものである

長くやっていればこんなこともある

声が震える

テレビ観戦で声が震えた

ノーサイドまで力が入った

素晴らしい試合だった

カープサッカー日本代表の観戦とは違う全身の疲れ

脳も身体も別な部分で応援しているようである

一夜明けても興奮は覚めない

新聞の見開きにほくそ笑む

何度も読み返す

はしくれは昔のまま

テレビ、新聞、余韻に浸る

 

暦通りに出会いたい

夜空には冬の大三角

庭には狂い咲きの朝顔

同じ季節に同居

よくあることなのか、気づかなかっただけなのか

これも気候変動と言えばいいのか

星と花と神無月

安倍晴明ではないが暦通りに出会いたい

肩身が狭い?

川口市

電車で初めて降り立つ

キューポラのある街、、、

映画を観たような、ないような

なんとなく吉永小百合さんが土手を走っていたような

大半がマンションに変わった工場街

ぽつんぽつんと残る現役のキューポラ

もともとの住民(工場)の肩身が狭い?